スポンサーサイト

2015.08.18 Tuesday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -

    窓のスマートカバー工事

    2014.09.12 Friday 17:18
    0
      小田原市のH様からのご依頼です。
      H様には以前にも、物置設置や門扉設置工事のご依頼を賜り、今回は窓の工事のご依頼を承りました。
      いつもタクトにご依頼をいただき、誠にありがとうございます。

      洗面脱衣室の窓がルーバータイプであり、閉め切っていても隙間風があり肌寒いとのことでした。
      そこで今回はスマートカバー工法で、縦すべりの窓を設置する工事を行ないました。

      元の窓




      工事完了後の窓




      縦すべり窓にしたことにより、隙間風がなくなりました。
      そしてガラスを断熱ペアガラスにしたことで、ガラス表面から伝わる熱を防ぐこともできます。
      これから寒い時期になったときに、今までとの違いを実感されることかと思います。
      今回の工事は、5時間ほどで完了しました。

      窓の改修工事でしたら、タクトにおまかせください。
      スマートカバー工法でしたら、壁などを取り壊さずに窓を交換できるので、半日〜1日で工事が完了します。
      フリーダイヤル 0120-392-718
      小田原市成田197-1
       

      面格子の取付工事

      2014.07.26 Saturday 15:30
      0
        小田原市のI様からのご依頼です。
        I様には以前にも、テラス屋根・太陽光発電設置のご依頼を賜りました。
        今回は、面格子取付のご依頼を承りました。
        こうして住まいのお困りごとをいつもタクトにご相談いただけて、本当に嬉しく思います。
        私たちスタッフも、お客様のお役に立てるようにこれからも更に頑張ります!

        I様宅ではシャッターのない1階のリビングとキッチンの窓が防犯面で不安だったために、面格子を取り付けることになりました。

        取付後の窓の様子




        防犯面で安全性が高まり、また斜め格子によって窓がスタイリッシュな雰囲気になりましたね。

        面格子のことでしたら、タクトにおまかせください。
        まずはお気軽にお電話を。
        フリーダイヤル 0120-392-718
        小田原市成田197-1

        スマートカバー工法掃出し窓リフォーム工事

        2014.04.26 Saturday 22:16
        0
          山北町のM様からのご依頼です。
          M様には以前に面格子取付のご依頼を賜り、今回はリビングの大きな窓のリフォームのご依頼を賜りました。

          1階リビングの大きな窓は、動かすのに重くて一苦労。
          それに隙間風が入ってくるとのことでした。

          施工前の窓の様子




          今回窓のリフォームをするにあたって、「スマートカバー工法」を用いました。
          「スマートカバー工法」というのは、聞きなれない言葉だと思いますが、既存窓枠の上から新設窓をかぶせ、しかも室内側から施工が可能という新しい窓リフォームです。

          工事中の様子




          今までは2枚の大きな窓ガラスでしたが、今回のリフォームで4枚タイプに変更しました。
          ガラスはペアガラスにしたので、気密性・断熱性がぐ〜んとアップし、今まで気になっていた隙間風はなくなりました。

          完成後の窓の様子



          外からの写真ですが、ブラウン色のサッシの外側に細く見えているシルバーの部分が元のサッシです。
          これはカバーモール材で綺麗に隠すこともできます。
          室内側は、新しい木窓枠が付き、交換したとはわからないほど違和感のない仕上がりとなりました。

          ただし「スマートカバー工法」には唯一難点があります。
          それは、掃き出し窓の場合新しく取り付けた窓に、床から4cm程の立ち上がりができてしまうことです。


          バリアフリーが主流となってきているこの時代です。
          4cmの立ち上がりがあると、室内から外に出る時に足が引っかかりとても危険です。
          そこで今回は、木製のスロープを出入りする側に取り付けさせていただきました。
          このスロープは、オーダーで角度や高さなどを自由に調整できます。
          これで段差の問題は解消されました。

          スロープの様子


          「スマートカバー工法」での工事は、約半日で完了しました。
          既存の壁を壊すことなく、外に面している部分には一切ビス打ちをしないので、雨漏れの心配もありません。

          完成した窓を見たM様は、「既存の窓枠を残して新しい窓を付けたけど、全然違和感がないし、サッシがとても軽くなって良かった。しかもこんなに早くできてしまうんですね。」と感動されていました。
          工事前に気にされていた床との段差は、スロープを付けることで解消できたので、M様は安心され喜んでいらっしゃいました。

          私たちスタッフも、お客様のお悩み解消のお手伝いすることができ、とても嬉しいです。

          窓のリフォームは、専門店のタクトにおまかせください。
          「スマートカバー工法」は、専門店ならではの工法です。
          お問い合わせはお気軽に。
          フリーダイヤル 0120-392-718
          小田原市成田197-1





           

          木製窓からアルミサッシへの交換工事

          2014.02.05 Wednesday 21:35
          0
            小田原市のH様からのご依頼です。
            H様宅は築年数がかなり経っていますが、こまめに外壁塗装などのお手入れをなさっているので、傷みなどは特に見られず美しさが保たれていました。
            しかし窓は昔ながらの木製のままであるため、隙間風が入り、冬はとても寒いことにお悩みでした。
            そして古くなった木製の雨戸は、動きが悪くなってしまったので、ほとんど閉めたままにしているとのことでした。
            そこで木製の窓と雨戸をアルミサッシに換えることにしました。
            窓の木枠はこまめに塗装をされ腐食などの傷みはなかったので、そのまま残すことにし、ガラス戸の部分をはずし、はずした開口部にリフォーム専用のアルミサッシを新たに入れ込むという工事をご提案させて頂きました。
            雨戸の方も、レールや溝は綺麗な状態に保たれていたので、こちらも木製雨戸本体のみをはずし、アルミの雨戸に交換することにしました。

            施工前の窓の様子






            施工後の窓の様子






            工事当日は、雪が舞う天気でこの冬一番という寒さでしたが、窓をアルミサッシに交換したことで隙間風がなくなり、早速寒さの激減を実感していただけました。
            それと今までは強風が吹くとバタバタと音を立てていたことも解消されました。
            雨戸の方も動きがスムーズになり、今までの開閉する時のわずらわしさがすっかり解消されました。

            寒さやバタバタする音の軽減、動きがスムーズになったということで、H様は非常に喜んでいらっしゃいました。

            窓(サッシ)は、どんどん進化し続けているので、気密性や断熱性は向上しています。
            古くなった窓を交換することで、隙間風がなくなったり、防犯性が高まったり、動きが軽くなったりして、とても快適になりますよ。

            窓のことでお困りのことがありましたら、タクトにおまかせください。
            フリーダイヤル 0120-392-718
            小田原市成田197-1


             

            LowEガラスへの交換及び内窓設置工事

            2013.10.29 Tuesday 19:15
            0
               逗子市のN様の工事です。
              勝手口ドアの交換工事のほかに、7ヶ所のガラス交換工事も承りました。

              N様からは当初、ブラインドシャッターを設置したいとのお問い合わせを頂き、お打ち合わせをさせて頂きました。
              お話を伺っていくと、強い陽射しや断熱・遮熱のことでお困りだと言うことがわかりました。

              そこでまず夏場にギラギラの陽射しと熱気が入ってくる2階ホール南面のあかり採りの為の大きな引き違い窓を、LowEペアガラス(断熱・遮熱効果の高いガラス)に交換することを提案させていただきました。
              そして全7ヶ所のガラス交換を実施いたしました。

              今回使ったのは、セントラル硝子の「窓ンナ」というガラスです。
              このガラスは、断熱・遮熱性が高く、夏は外からの熱の侵入を抑えることができ、冬は室内の暖房で暖まった空気を外に逃がしませんので、光熱費削減に大きく役立ちます。
              そして単板ガラスが入っているほとんどの窓に対してこのガラスに交換することが可能です。
              交換後の窓














              次に、リビング北側にあるあかり採りの為のFIX窓(開閉しない窓)には、寒さ対策のために、エコ内窓「プラマードU」の設置を提案させていただきました。
              この窓は吹き抜け部分の高い位置にあるので、冬場に結露しても拭き取りすることができない状態でした。
              今回プラマードUを設置したことで、結露は軽減すると思われますので、結露によるカビの発生などのお悩みから解放されることと思います。





              家での断熱・遮熱効果というのは、壁や屋どの断熱材などにもよりますが、50%以上が窓からの温度の出入りによるものです。
              そこで窓の断熱・遮熱対策をすると、光熱費削減などに大いに役立ちます。

              しかしその窓の位置や大きさによって、どのような対策を取ればベストなのかは違ってきます。
              タクトでは、お客様のお宅の状況に応じ、内窓にするのか、エコガラスに交換するのか、断熱効果を目的にするのか、遮熱効果を目的にするのかなどを見極め、一番適した物をご提案させていただいております。

              窓からの寒さや結露などでお困りでしたら、タクトにお気軽にご相談ください。
              フリーダイヤル 0120-392-718
              小田原市成田197-1

              リフレム工事

              2013.07.12 Friday 20:26
              0
                 小田原市のS様からのご依頼です。
                S様は以前、サイクルポートの設置工事をご依頼してくださったお客様です。
                今回は窓の改修工事を承りました。

                S様宅の1階リビング吹き抜けの部分には明かり取りの為のFIX窓が設置されています。
                FIX窓というのは、開閉のできない窓であり、夏になるとその窓から入る日差しのために、吹き抜け上部の空気は蒸し風呂状態になっていました。
                S様は、この窓の開閉ができれば、風を取り込めて空気の循環をすることができるだろうに・・・とお悩みでした。

                改修前の窓




                そこで今回、リフレムという商品をご提案させていただきました。
                リフレムは、サッシ周囲の外壁を切り取り、古いサッシをはずした後、新規サッシを取り付けるという工程となります。
                サッシ周囲の切り取った外壁部には、サッシと同色系のモール(額縁)を取り付けます。
                このような工程なので、なんと1日で工事完了!


                リフレムに交換後の窓







                従来のサッシ交換工事というと、外壁を解体しなければいけなかったので、左官工事・塗装工事・内装クロス・防水処理などが必要となり、複数の職人が入り、工期も3日〜5日が必要でした。
                複数の職人工事となるため、費用も相当かかってしまいました。

                ところがリフレムだと、たったの1日でリフォーム完了。
                費用も、従来方法に比べると格段にお安くなりました。

                せっかくの窓が有効に使えていない・・・などのお悩みがありましたら、窓の専門店「タクト」におまかせください。
                「デザインを変えたい」「高断熱の窓にしたい」などのご希望に合わせて、最善のご提案をさせて頂きます。

                有限会社タクト
                フリーダイヤル 0120-392-718
                小田原市成田197-1

                スマートカバー工法であっという間に窓のリフォーム

                2013.03.26 Tuesday 10:32
                0
                   横須賀市にあるK様邸の窓リフォームです。
                  K様邸の2階にある窓は、4枚建ての引き違いタイプでしたが、使い勝手の悪さを感じていたそうです。
                  その窓には雨戸が付いていて少々不具合がありましたが、雨戸の必要性をあまり感じていなかったので、雨戸の撤去を含めた窓のリフォームをすることにしました。

                  リフォーム前



                  2階の窓のリフォームというと、今までは足場をかけなくてはならず、大掛かりで大変でした。
                  しかし今回は、室内からの施工ができる『スマートカバー工法』を使いました。

                  工事中の様子

                  既存の窓をはずしたところ


                  ジョイント枠で、既存窓枠と新規窓をつなぎ、そのあと窓額縁を取り付けます。






                  完成後




                  窓が変わることで、外観がとてもモダンでスッキリとしました。

                  『スマートカバー工法』は、窓の交換に必要だった大がかりな壁工事が不要で、約2時間の工事で簡単に新しい窓に交換できます。
                  室内側からの施工を可能にすることで、2階の場合でも足場工事等が不要となるため、足場設置の費用や工事時間を削減する事ができます。
                  この工法は「MADOショップ」の限定取り扱い商品です。

                  従来の工法だと大掛かりで費用がかかってしまった窓リフォームですが、これからは『スマートカバー工法』で、費用や時間の削減が可能に!
                  今の窓は高機能だしデザインも豊富なので、窓をリフォームすることで、暮らしがぐ〜んと快適になります!

                  窓のリフォームでしたら、MADOショップ西湘成田店(有限会社タクト)におまかせください。

                  フリーダイヤル 0120-392-718
                  小田原市成田197-1

                  ワンコ出入口

                  2009.10.02 Friday 21:54
                  0
                     バーニーズ2頭と黒ラブ1頭を飼っていらっしゃるIさん宅より、ワンコたちがお庭に自由に出入するためのワンコドアを窓ガラスに付けてほしいという依頼がありました。
                    市販品のペット用ドアは、ほとんどが中型犬用までのサイズしかなく、大型用のサイズまであるペット〜るという商品もありましたが、今回はオリジナル製作をしてみました。

                    さて、出来上がったワンコドア付窓はこちら。






                    これで、ワンちゃんたちは自由にお庭に出て遊んだり、用をたしたりできますね

                    ザ・組立

                    2008.04.26 Saturday 10:03
                    0
                      今日は、サッシの組立の様子を載せてみました。
                      サッシ屋さんって・・・どんな? と思う人がいると思いますので見てください。


                      僕らの仕事は、家の窓を一つ一つ丁寧に組立て現場に納品したり、窓の調整、網戸の張替えやガラス交換、防犯対策などの商品を扱ってます。


                      色々な窓の種類あるので覚えるのが少し大変ですけど、がんばります!!

                      ザ・現場

                      2008.04.25 Friday 18:47
                      0
                        今日は小田原市内でサッシの納品をしました。
                        その時の風景を載せてあります。


                        木造2階建て改修工事の現場で、2階にサッシを上げてサッシが倒れないように縛ってるところです。
                        少しサッシを上げるのが大変でしたけど、みんな(3人)でがんばりました。
                        これからも、現場の状況など載せますので楽しみにしてください。


                        PR
                        Calender
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        3031     
                        << December 2018 >>
                        facebook
                        オススメ商品
                        Selected entry
                        Category
                        Archives
                        Link
                        Profile
                        Search
                        Others
                        Mobile
                        qrcode
                        Powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM